第37期(2019〜2020)
  
              今期テーマ: 「温かな交流」
 2月例会テーマ: 「思いを伝える(1)」



                        インスピレーション                    -H.Y-
                       咲くも無心、散るも無心
                         花は嘆かず 今を生きる  
       
坂村真民


                                会長挨拶                     -N.T-
  ひろしまクラブの2月例会は例年スピーチコンテストを行ってきましたが、今期は1名のスピーカーによる
  デモンストレーションをしていただき、カウンスルのスピーチコンテストへ送り出す方法にしました。
 ITCもITC-Jになりクラブレベルでもよりよい方向性を求めての初めての試みです。スピーチコンテスト
 委員会の決断努力、準備と共に、その役を受けて下さったスピーカーに拍手を送りたいと思います。

2月の花 スピーチコンテスト  教育 
  ☆ 教育 「響き伝わるスピーチ」                                               -R.Y-
    【第1部】 ウオーミングアップ 「心を溜めてみる目を持つ」
 (1)「この表示はどちらが本物?」 @五輪マーク(エンブレム・パラリンピック) A信号機の色の順番 
                      BJRのマーク
    【第2部】 教育 「響き・伝わるには」
 (1)「材料集めと準備」

  @材料さえあれば、1時間の話は横道にそれても良いので、1日で準備する。5分の話は5日間、3分の話は1週間
   必要で無駄な話はできない
  A材料集めは、意欲があるか、鋭い観察力があるか、知的好奇心があるか等
   話すことがないでは話にならない
   例)知的好奇心の大切さとは?
   アイスクリームを注文するとウエハースが付きますが、なぜ?と感じることは?。これは(舌の感覚が冷たさで
   乏しくなるので感覚で取り戻すため)子供は聞きます「なぜ、空は青いの?」「魚は海でも息ができるの」なぜ?
   という好奇心。

 (2)伝え伝わるには?

  @「あなたは裸になれますか?」これはどんなことを指しているのでしょうか。
   ・「自分をさらけ出す覚悟がいる」 ・「失敗談や自分を3枚目に落とすことで笑いが生まれる」ユーモア・ウイット
  A「テーマは1つでよい」「主題を絞る」「主題を告げてからスタートする」
   例)富士山の写真から見てみる
   富士山の写真を見るとき、富士山・桜・女性と全て入れようとすると、ピンボケになる。何を撮りたいかを明確に
   する。
 B抽象的な言葉を使うより具体的な言葉を使う
   ・「むつかしい言葉を使わない」→自分は話したつもりでも伝わらなければ成り立たない。自己満足にしない
   例)「○○さんは責任感が強い方です」といってもどのよう、どのように、なぜ責任感が強い?。そこで1つの事実
   を持って来て裏付けし伝わるようにする。つまらない話は、抽象的な言葉が多い。
 C「寝巻言葉では困るが言葉にモーニングを着せない。普段着で十分。」普段から、良い言葉を見に着けて置くこと
   が大切
 D「書き言葉より」「話し言葉」例えば「謹賀新年」より、「あけましておめでとうございます」耳で聞いてわかる言葉
   会話を生かしたスピーチにすると効果的 @自分が見た事、したことをそのまま言葉にA自分の発言、聴いた言
   葉をそのまま再現 Bその時心に残ったことをいう C現在の自分の意見 D世間一般の言い習わしを入れる
 E「楽しんでスピーチする」


                   プログラム      プログラムリーダー -Y.W-  
 ☆   「ブックレビュー」                      
 
 *「教場」 長岡弘樹 著 
          ◆ 選んだ理由: 1月にドラマ化され興味を持った
          ◆ 警察学校での訓練、授業は、まさにふるい落とし。未知の世界を覗いてみて下さい
 
 *「僕はイエローでホワイトでちょっとブルー」 プレディみか子 著 出版社: 新潮社 定価: 1,350円(税別)
          ◆ 選んだ理由:優しい文体で、多様性社会の現状がよくわかり、面白かった
          ◆ アイルランド人と結婚し、子供1人の3人家族で、イギリスに住む日本人の主婦が、日常生活を
             エッセイ風に書いている。(2,019年発行)イギリスは移民した多国籍の人が多く住んでいる。
             子供の事、自分の事、周辺事情を少し俯瞰した冷静な目で見て書いている。
          ◆ 今、日本は、外国籍の人が多く住むようになっている。他人事ではない。 [多用性社会」を受け
             入れるには、現状を知り、様々な知識を持って柔軟に考えることが大切だと思いました。
              
 *「ソロモンの偽証」 宮部みゆき 著


   
例会風景 表彰 ブックレビュー  
    
ブックレビュー ブックレビュー 次回例会インフォメメーション 


 
次回例会 2020年 月 日(木) 13:15〜15:30  広島アンデルセン5F






過去の例会へのリンク

2019.09. 例会